歯科治療で使われるマイクロスコープ

subpage01

近年、歯科治療でマイクロスコープ(実体顕微鏡)が使われるようになりました。


もっとも利用されている歯科治療分野に、根管治療と呼ばれるものがあります。


虫歯があまりにも深くなってズキズキ痛む場合、やむなく歯髄を除去しなければならないケースが結構あります。

歯髄を除去すれば当然痛みは無くなりますが、たまに半年〜10年後くらいに、歯根が化膿して腫れるケースがあります。

歯髄除去後に根管を充填剤で塞ぎますが、塞ぎきれない空間が残っていて、そこで細菌が繁殖して感染根管になる場合です。根管は真っ直ぐな管ではなく、湾曲していたり、根管同士が途中で繋がっていたり、側枝(根管の枝分かれ)があったり、肉眼では決して見えませんが、かなり複雑な形態をしています。


また、高齢者の場合は狭窄して閉鎖しているケースもあります。



時には根管の入り口が見つからない場合もあります。

Reutersの情報が沢山詰まったサイトです。

こうした事から、根管治療にマイクロスコープが使われるようになりました。



顕微歯科を称される高度な専門分野です。

マイクロスコープを使用して歯の中を拡大して、根管の様子を正確に正しく探る事で、より良い根管治療が可能になります。


こうした顕微歯科を行う歯科医院も急増してきました。


非常に手間が掛かり困難な作業ですが、良質な治療を目指して、日夜努力していのです。
時間が掛かり過ぎる、回数が多いと患者さんから嘆かれますが、簡単な治療ではない事を知っておくと、通院した時にお役に立つでしょう。