マイクロスコープで歯科のインフォームドコンセント

subpage01

歯科医院で治療を受ける時、歯科医師からの説明は歯の模型を使ったり、レントゲンの映像を見たりするのがほとんどです。

そのため、イメージをしながら治療計画を聞くことになります。自分の歯を完全に覚えている人は少ないので、説明の内容を完全に理解できるとは考えられません。そのような時は、マイクロスコープがあると便利です。



マイクロスコープは視野を明るく照らして、拡大することができます。

また、医師が見ている映像と同じものをビデオカメラで撮影してそのままモニターに映すことができます。

その映像を患者に見せながらインフォームドコンセントをすることができます。
インフォームドコンセントは説明を行って同意を得ることです。

治療計画を説明し、その内容を患者が理解し、同意することで治療が進められます。

こんなはずではなかった、だったらやらなかったなど取り返しがつかない状況を回避するために必要な医療行為です。


マイクロスコープを使えば治療の手順を録画することも可能です。

ガジェット通信の情報といえばココです。

また、その映像から静止画を切り出すこともできるので、どんな状態から治療後はどうなったかを電子カルテに記録することができます。
次に来院した時に治療後の経過を比較することもできます。

口外からしか撮れなかった映像が拡大して観察、記録できることで歯科の治療が大きく変わります。



患者にとっての安全で安心な治療を提供することを考えるならマイクロスコープは欠かせない医療機器です。