歯科医院で使われるマイクロスコープ

subpage01

歯科医院で行われる治療は、とても細かい作業が求められます。


口の中という限られた空間の中の、1本1本の歯に対して行われるためです。

特に、斜めに生えている親知らずや、歯の中にある神経の治療は目で見ることができないので、歯科医師の経験に頼ることが多かったです。


歯の中で神経は枝分かれしていて、取り切れないと、虫歯が再発してしまうこともあります。



そこで、マイクロスコープを導入する歯科医院が増えています。



マイクロスコープとは、顕微鏡という意味で、肉眼では見ることのできないレベルの細かいところまで目で確認しながら治療することができます。


神経の治療も、見ながら行えるので、虫歯の部分をきれいに取り除くことができ、再発のリスクが少なく、残っている歯の状態も良好になります。

マイクロスコープを使うメリットは、他にもあります。
詰め物と歯の段差をなくし、平たんにすることで、虫歯ができにくいお口の環境にすることができます。


一度虫歯になってしまった部分からさらに虫歯ができてしまうと、より大きく削らなければいけないので、歯を残すことができなくなってしまいます。


マイクロスコープを使うことで、大切な歯の削る量を減らし、再発も減らすことができます。

ジョルダンニュース!について調べるなら、こちらをご覧ください。

歯石の除去など、お口の治療全般に使うことで、より精密な治療が提供できるようになります。

ただ、マイクロスコープはとても高価な機械なので、全ての歯科医院にあるというわけではありません。